Outline

☆小さな町の大きな挑戦☆

公民館から生まれ30年

 

公民館から生まれ30年

新町歌劇団が新たな世界へ

 

 県内一面積の小さな自治体であった旧多野郡新町(現・高崎市新町)の公民館に、1986(昭和61)年、小さな合唱団が生まれました。地元出身で、高崎高校から国立音楽大学に進み、その後ベルリン芸術大学で指揮を学んだ音楽家・指揮者、三澤洋史さんが「地域のために音楽を」と指導を買って出る形で誕生した新町公民館合唱団。

 プロのソリストを招いての舞台、合唱団との共演などを経て、地域に素材を取った創作ミュージカル「おにころ」(原作・野村たかあき、作曲・演出・合唱指導は三澤洋史)が生まれました。三澤さんが指導し、プロソリストに加え地元の人たちが出演、地元が支えるこの舞台は、合唱団名が新町歌劇団となった今も続き、毎回多くのファンを集めています。

 平成27年8月、団員待望の群馬音楽センターを会場に群馬交響楽団演奏による「おにころ」上演にこぎつけ、大盛況でした。

 これまでに 新町歌劇団と共演してくださった プロのソリストの方々 (敬称略)

松本進 田中誠 市川倫子 青山智英子 足立さつき 蒲原史子 堪山貴子 泉良平 大森いちえい 中村恵理 ほか大勢の皆さま

 

みんなで一緒に歌って

踊りませんか

合唱団員募集中

新町歌劇団 

新町歌劇団事務局

    (高崎市新町1620) 

電話

0274-42-8949(佐藤)

携帯

090-9954-1854(佐藤)

2020.3.20.10.30

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now