昭和63年6月、新町が新しいふる里づくりと図書館開館記念の一環として創作民話「おにころ」がつくられました。作者は前橋の版画家・絵本作家、野村たかあき氏です。

 鬼の子「おにころ」の犠牲愛が水争いから村人を救ったという物語です。

 

 三澤洋史氏は、この絵本をモチーフにしてミュージカルを製作しようと考え、作詞は原作の野村たかあき氏と共同で、作曲・脚本は三澤氏が手がけ平成2年にミュージカル「おにころ」の完成を見ることとなりました。

 そして平成3年の第1回公演以降、平成24年の第6回公演まで、それぞれ2日連続公演が催され、平成27年8月には新町文化センターを出て、群馬音楽センターにおいて群馬交響楽団の演奏で上演。約2000人の観客に絶賛されました。

ミュージカル 「おにころ」

ミュージカル 「おにころ」

​2017年 公演分 準備中

2017.07.30 おにころ公演

  愛をとりもどせ ― 夢を描こう 私たちの未来に

 第一幕もまもなく終わり。メッセージは皆さんに届いたでしょうか?

みんなで一緒に歌って

踊りませんか

合唱団員募集中

新町歌劇団 

新町歌劇団事務局

    (高崎市新町1620) 

電話

0274-42-8949(佐藤)

携帯

090-9954-1854(佐藤)

2020.1.25.11.30

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now