September 18, 2017

September 17, 2017

January 13, 2017

December 18, 2016

Please reload

最新記事

ふれあいコンサート

November 19, 2016

1/1
Please reload

特集記事

新町「発声のこころえ」練習

2016/10/09

 運動会の季節です。日頃の運動不足がたたって筋肉痛が・・・。でも痛くなるのは明後日以降。新町含め高崎近郊の天気は持ちましたが、東京は雨で運動会は中止とのこと。今日は、三澤先生を迎えての練習となりました。

 

 「誰が音楽をタダにしたか」今日読んでいた本のお話。CD業界は自ら設定したコピー防止を、「i-pod」の普及で売り上げUPのため止めるという、「善悪の基準が企業の都合で変わる」事をやった。コピーする事への罪悪感が変わっている。目先の利益を上げられれば、それでよし。その先のことは誰も考えていない。そして停滞。商店街の衰退や価格破壊はそんなことが原因ではないか?

 魔笛を振り返って。来てくれた人はわかりやすかったと喜んでくれていた。モーツァルトが晩年に入っていたフリーメイソンの思想と、それに絡むモーツァルトの思い-パパゲーノ、パパゲーナなどが居る-を理解することが必要。ま、今回も子供に救われた。「三澤マジック」は掛ける側だけでなく掛けられる側が上手にかからないと成立しない。経験がある分「あさってまでになんとかしないと」という危機感があったからか?おにころへは「気張らないで」やっていきたい。ただ、大きいホールだからがんばるとか小さいホールだからそれなりとかでなく、誠実に取り組んでいく。あと、

もうひと作品(ミュージカル?オペラ?)作りたい。

 

 お話は大体こんな内容だったと思います。

 

以下話に出てきた「mp3」が判らなかった方への補足説明

 4,50年前の若者はレコードに傷つけないことを目的に、カセットに録音してそれを聞いていました。それがウォークマンの登場で、「カセットに録音」は音楽を外に持ち出すことが目的になりました。やがてレコードはCDに。カセットはMDに。「レコードを聞く」という儀式は滅多になくなりました。さてこれまでは親切なFM放送のおかげで「エアチェック」で「タダ」はありましたが、アルバムフルはなかなかありません。

 パソコンが高性能化し、ハードディスクドライブの容量が増え、記録媒体にCD-Rが普及したあたりから、パソコンでCDを聞くようになりました。さらにインターネットが普及し始めるとCDをコピーしタダで音楽データを交換、共有するようになりました(違法です)。音楽業界は、CDの売り上げが減った原因はそこにあるとし、パソコンで簡単にコピーできなくなる仕掛けを取り入れました。(CCCDなど)

 この時期、パソコンを軸にデジカメ、携帯電話などと共に電子式携帯音楽プレーヤーが普及してきました。これに使われたのが「mp3」というデータの形です。CDデータの約十分の一になるため、CDデータをパソコンで「mp3」に変換して小さいプレーヤに多くの曲を入れていきます。このプレーヤで大人気だったのが「i-pod」(基本的にmp3とちょっと違うデータ形を使っています)です。「i-pod」で聞くスタイルが当たり前になると、パソコンでコピーできないCDは敬遠されます。音楽業界はCDの売り上げを上げるためにコピー防止の仕掛けをはずしました。これが「善悪の基準が企業の都合で変わる」ということでしょうか。

(この後、インターネットの普及、ブロードバンド化、スマートホンの普及などで音楽は「データをダウンロード」するものになり、CDショップ(レコード店)はだんだん姿を消していきます。)

練習

Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

みんなで一緒に歌って

踊りませんか

合唱団員募集中

新町歌劇団 

新町歌劇団事務局

    (高崎市新町1620) 

電話

0274-42-8949(佐藤)

携帯

090-9954-1854(佐藤)

2019.11.18.23.00